ガイガーカウンター購入

  • 2012/01/15(日) 23:59:59



遅ればせながらガイガーカウンターを購入。
機種は、ロシア製のSOEKS-01M

ほかの機種と比べても高めの数字を出すということで、割り引いて見る必要がある機種です。あくまでも指標として見る(正確な数字ではないので比較として「どこそよこり高い」とかそういう見方)機械かなとは思ってる。

早速、近場のランドマークを測定してきました。
結果は「測ってガイガー」のサイトにアップロードして有ります。

今後もちょいちょい測定してアップしていく予定。

画像は、今朝の当社での値(屋内)
0.13uSv/h

国民生活センターでの比較に拠れば、シンチレーションの測定器で0.06uSv/hの値の時、この機種で0.12〜0.13uSv/hだったようなので、この辺が一応の目安になるかな。


自宅は0.14uSv/h。


自宅周辺は0.18〜0.20u/Svと比較的高め。
せんげん台駅前で0.10uSv/hだったのとくらべても高い。

マイクロホットスポットと言われてる、極小範囲での線量の高いところもいくつか測定できてて、いくつかの側溝の蓋の上で0.25uSvh以上、枯れ葉の吹き溜まりで0.30uSv/h、水溜りの干上がった跡で、一時的に0.62uSv/h、その後10回平均で、0.35uSv/hのところもあった。
設定で0.50uSv/h以上はアラームを設定していたんだが、それを初めて聞いた。

ネット上でも散々いわれてる通り、それらの場所はなるべく避けたほうがい。
自宅の近くや庭などにそういう場所があったら、枯葉などは除去して、水溜り跡などは水で擦って流すなどした方が良いかも。

いままでは漠然と高い場所とかを想像してたのが、ガイガー手にして、数字として目にできるという利点があるのかな。

あと、これはTwitterで見た意見だけど、仮に関東で大地震が起きた場合、電源どころか放送局自体が機能しなくなる可能性があり、(例え今まで政府発表垂れ流しだったり、いい加減な情報だったとしても)情報が全く入らなくなるという可能性。当然ネットも繋がらなくなるなかで、放射線の情報を少なくとも得られると言う利点もあるのかな。


簡易ガイガーカウンターについては、こんなサイトを参考にするといいかも。
http://p.booklog.jp/book/30823